暮らしと本のこと

日々の暮らしや、好きなモノ・コトについて綴っていきます

大掃除月間は続く&娘の片付け

f:id:school-lib:20210329104239p:plain

さて、5月も3週目に入りました。


先週は、洗面所やシェルフの組み立てで本を移動したり
そのための本の整理をしたり、
キッチンのシンク上部の収納棚を見直し片付け整理を行いました。


今週は、昨日キッチンシェルフの棚を一つ増やして、食器の置き場を修正。
見た目と取りやすさを改めて見直すことができました。
キッチンのガス回りの掃除やリビングの片付けと掃除も進めています。


キッチンシェルフは無印良品さんのスチールユニットシェルフを使っています。
www.muji.com
下部はゴミ箱を置いているため空間を開けているので、足回りに補強パーツを使っています。

一番上の棚左半分に、大きめのお皿を縦置きに収納していましたが、右側の空間がもったいなく、たくさん重ねることをしなければ取りにくいことはないだろうということで、縦置きをやめ棚を追加することにしました。


アンバランスな見た目もなくなり、落ち着いた収納になりました。
シンク上部の収納棚も掃除を兼ねて整理片付けをしたので、そちらにあった使わない食器や小物類も整理することができました。


また、だいぶ手放すものが出ました~。


季節で使うものやどうしても残しておきたいもの以外は手放しましたが、悩んだのはマグカップやタンブラーといった景品などのもらい物。


新品ですが使っていませんし、つかう予定もありません。
フリーマーケットでもしたときにタダで持って行ってっもらえるように出そうかな、と思いながらずっと保管していましたが、そんな時期は来ないし、これからもなかなか難しいでしょうね。
もらう時に断るとか、購入商品についていないものを選べばよかったなぁと今更ながら後悔しました。


なので、我が家では使わないし不要なものになってしまっている、ということで、潔く手放すことにしました。


食器も少し見直して、使う頻度が少ないようなものは代替えがきくか検討しながら減らしていこうと思っています。


私の片付けにつられ、娘もクローゼットの自分のスペースを片付けようと思ったらしく、休みの日に半日かけて整理をしていました。


娘は「効率的に使いやすく」とかではなく、自分の「好きなように配置」して感覚的に使いたいタイプです。

私が片付けてしまうと、彼女的に何がどうなっているのかわからなくなってしまうようなので(息子もそうですが)、気になってもたまに注意するにとどめ、手を付けないようにしています。


ただ、やはり客観的に見るとよくわかるのですが
衣類を積み上げたり、購入したモノがタンスの中や収納ケースの中に片づけられ目の前から見えなくなると、それらの存在を忘れて新しく同じようなものをいくつも購入してしまうことになるようです。

もったいないですよね~。
コートが7着くらいありタンスを圧迫していました・・・


整理するときに、しまっているものも全部出してみたらと伝え、並べてみて自分でもハッとしたようです。


今回彼女もだいぶ手放すものがありました。


それで、かなりスッキリ整理できたのか、というと
どうでしょう・・・
私としてはほとんど変わった気がしないのですが
(かなり手放してもあまり変わらず見えるって、すごいですよね(^^;)
娘から見たら、私の方もそんな風に見えるのかもしれません。


一緒の部屋を使っているので
お互いが使いやすいようにしていければいいかなと思います。



クローゼットのリニューアル計画をしていましたが
予算をオーバーしてしまうので、現状のまま少し様子を見ることにしました。

私自身の過ごし方に合わせてもう少し衣類の整理も進めば、またそれなりにスッキリしてくるとは思います。


今週も、少しづつリビングの方を掃除し片付ける予定です。
TVボードを何とかしたいのですが、まだちょっと検討中です。
来週は、いよいよ和室の押入れ(難関)と向き合う予定です。




参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 本ブログへ