暮らしと本のこと

日々の暮らしや、好きなモノ・コトについて綴っていきます

スティーブン・キング『任務の終わり 上・下』文春文庫

f:id:school-lib:20210303134701p:plain

今週も結局本を購入してしまいました~。

キングの『任務の終わり 下巻』です。

(kindle版表示しか出ませんでした)

上巻を読み終わり、続きに行きたかったので
買い物に出たついでに、書店によって購入しました。

ラストの方が知りたくて飛ばし気味で読了しました。

以下、ネタバレあり、になりますのでご注意を。









想像していた流れではありましたが
予想と外れたのは、意外とハッピーエンド風になってるな、ということでした。


犯罪を未然に防がれ、その時の大怪我が原因で動けなくなったサイコパスの犯人が、まさかの超能力(テレキネシスサイコキネシス)覚醒(新薬投与のせいか脳の損傷のせいかは不明)。

ゲームに夢中になる⇒液晶画面の光の点滅により催眠状態に陥る
⇒そこで暗示をかけ、人をコントロール⇒死に追いやる(自殺させる)

自分が直接手を染めないところ、被害者の弱みに付け込むところ、が犯人の狡猾なところですね。

この辺りまでは、なるほど~という感じでしたが、
さらに

コントロールして人を動かすだけでなく、その画面を通して人の心(脳)に「実際に」入り込み、その人自身を乗っ取ってしまう。
身体という入れ物をゲーム画面を通して、あちこち移っていくことができるのです。

※この身体を移るというのは、ディヴィッド・レヴィサン『エブリディ』小峰書店

エヴリデイ (Sunnyside Books)

エヴリデイ (Sunnyside Books)


を思い出します。


という流れは、キングだな~♪と思いました。


まぁ、催眠状態になった人をコントロールして思いのままに動かす、というのも
催眠術で人を動かすことと同じで
そういう意味では人を乗っ取ってしまうことでもあるので、さらに深く突っ込んでも大きな違和感はないかもしれません。


主人公はガンに侵され余命の少ない元刑事今探偵。
その相棒は、これもまた超心理的っぽいですが、人にはない観察眼と直観のするどい女性。


私はラスト
もう少し無念な感じ(主人公は先に、ガンのためか犯人のせいで死んでしまう)、
でも決着(相方が犯人と対峙し犯人は死亡、もしくは逆)はつく

という風になるのかな、と予想していましたが
後半意外(?)なところからの助けもあり
ハラハラしながらも、そういう形で終わるかぁ・・・という感想でした。


主人公はガンで亡くなってしまうのですが
それは事件のせいではなく、普通に余命が尽きたというところでしょうか。


まあ、バッドエンドだと、この話は本当に(現実的に)怖くなってしまうので、これが良かったのかもしれません。


世界のゲーム人口は本当に多く(私もやります)、ゲームやネット依存になっている人が多いことも、この物語に影響を与えているのでしょう。
依存している私たちへの警告とも取れますね。


でも、久ぶりにおもしろかったです。





参加しました。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 本ブログへ

今日購入した無印良品

f:id:school-lib:20210303134144p:plain


キッチンの整理を少しづつやっているのですが
今回は、収納棚にしまっている保存容器を統一することにして購入しました。

f:id:school-lib:20210303143938j:plain


これまではその時々で購入し、形もサイズもまちまちなので
スッキリきれいに収納しにくいのです。


昨年から、無印良品さんの
「フタをしたまま電子レンジで使える バルブ付き密閉容器」(長いですね(^^;)
www.muji.com
www.muji.com

を、いくつか使っているのですが、
私的にかなり使い勝手が良いので、こちらで統一することに決めました。


ホーローの物もとてもいいのですが
私は中身が見えないと、すぐほったらかしてダメにしてしまうので
こちらの中身の見えるタイプがgoodです。


重ねられること、中身が見えること、は
冷蔵庫の中で保管する際にわかりやすくて、私には大事です。


さらに、フタをしたまま電子レンジが使えることも、ポイント高いです!
何回も使っていますが、問題なく使用できますよ。


サイズがいろいろあるのもいいですね♪
パンやお菓子のバラを入れるのにも使っています。


それから、
インテリア・フレグランスオイルを購入してみました。

www.muji.com


詰め替え用もあるようです。


秋から冬場は乾燥のためもあって、ディフューザーを使うことが多いのですが
湿度が高いときにはあまり使いたくないので、これからの季節向けに購入してみました。
香りは「フレッシュシトラス」です。
スッキリすがすがしいシトラスの香りが、気分をフレッシュにしてくれます。


玄関には以前から「グリーン」を置いています。

www.muji.com

少し落ち着いた感じが気に入っています。



ステックもなくなってしまったので、一緒に購入しました。
www.muji.com




特に最近は個人的にですが
こんなに香りに癒されたり、モチベーションが上がったり
気分に左右するものなんだなぁと
日々実感しています。




参加しました。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 本ブログへ

香りの楽しみ

f:id:school-lib:20210303134144p:plain
ここ数年、
出かける前に何かしら香りをまとうのが日課になっています。


もともと香水は好きでしたが
高価なものなので、なかなか手が出ませんでしたが
最近は手軽なタイプのパルファムが出ているので
購入する機会が増えました。


少し前には
shiroの「サボン」か「ホワイトティー


娘が使っているのをたまにかりていましたが
香りがリニューアルしているのと
詰め替えがないので最近は



AUX PARADISの「サボン」15ml

を使っていました。
これは、娘からの誕生日プレゼント。
リクエストして買ってもらいました。



先日、サボンがなくなってしまったので
新しいものを購入しました。



最初、リペアを購入しようと思ったのですが
期間限定の「スプリング ガーデン」15ml
www.auxparadis.com
を購入してみました。
春らしく明るく少し甘い感じで、気分転換にいい感じです。



アロマのように、
香りをまとうと気持ちが切り替わったり落ち着いたりします。
外出するときは特にスイッチ・オンに。


あまり強い香りは苦手で
軽くまとうだけにするので
結構早く香りは消えてしまうようですが
それでも、気持ちの問題でしょうか。



家の中でも、家事のスイッチや気分転換に
無印良品さんのアロマディフューザー

を使っています。


今お気に入りの香りは、エッセンシャルオイル
「おもてなしブレンド」です。
紹介を張り付けようかと思ったら
HPでも見当たらないので、もう売っていないのかしら??
(※その後、店舗には置いてあることを確認しました)



ディフューザーは結構長いこと愛用しているのですが
ライトは切れて、そのままで使っています。
最近はコードレスタイプも出ているようですね。
使えなくなったら、コードレスに変えたいと思います。



参加しました。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 本ブログへ

絵本をツールに楽しもう(乳幼児向け)⑩

f:id:school-lib:20210303134701p:plain
こんにちは!

暖かくなったり寒くなったり
気温差の激しい日が続いていますね。


おだやかな天気の日には
お外に遊びに行きたくなりますが
風が強かったり、くもっていて寒い日は
お外に出るのもなかなか難しいと思います。

そんな時、お気に入りの絵本を読んで楽しみましょう。

動いたり、歩けるようになってきて
いろいろなものを見たり聞いたりする経験ができるようになると
「大好き」なものが出てきます。


そんな「大好き」に寄り添った絵本を紹介します。
今回のテーマは「のりもの」です。


のりものに魅せられるお子様は本当に多いですね。
動いているものを見る、のが好きなところもあるようです。


絵本をツールに楽しもう、の最初にもご紹介している
school-lib.hatenablog.com
『がたんごとん がたんごとん』もとても素敵な絵本ですが
他にも絵を見るだけでも楽しい絵本がたくさんあります。


『のりもの』はたこうしろう/さく ポプラ社

のりもの (あかちゃんミニえほん)

のりもの (あかちゃんミニえほん)

こちらは手のひらサイズのミニ絵本なので、お出かけの時にもお持ちいただけます。
お子様が気分転換したいときにもピッタリではないでしょうか。


『でんしゃがゴットン』冬野いち子冬野いちこ/さく 岩崎書店

こちらも小さいサイズの絵本。
前出の「がたんごとん・・・」と似たタイプの内容です。



『でんしゃ』パイロン・バートン/さく 金の星社

いろいろな場所、いろいろな電車が走っていく絵本です。
電車に乗っているものや、色形など、一緒に楽しめると思いますよ。


まだ目の発達がしっかりしていないこの時期のお子様には
画がクッキリはっきりしているものが、見やすくわかりやすいようです。
写真絵本もいいですが、それよりも、絵の方が特徴をはっきり伝えられ
すっきり簡略化して描かれているので、多くのお子様が好むのかと思います。
(もちろんよりリアルな写真の方が好きなお子様もいます)


0歳~1歳のちいさいお子様には、小さくて自分で持って遊べる「堅牢絵本」が
持ち運びにも便利でいいかもしれませんね。
ちいさいお子様にとって、絵本は見るもの読んでもらうものですが
かんだりなめたり、さわって遊ぶ、遊び道具でもあります。


1歳半を過ぎたら、遊び道具なだけではなく
だいじに読んで楽しむもの、と覚えてもらいましょう。

お子様と一緒に、絵本の世界を楽しんでくださいね!


参加しました。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 本ブログへ

TV番組と物語

こんばんは!


最近、土曜日の夜は「博士ちゃん」というTV番組を見ています。

子どもたちの
好き好きマニア魂に魅かれて楽しんでいるし、すごいなと思いながら見ています。
子どもたちの「好きの力」は、大人も負けてしまうほどの力があると
これまでの仕事柄、実感としてよく知っています。


このTV番組には、いろいろな「好き」を極めつつある子どもたちがたくさん出ていますが
今日は「郷土玩具」の博士ちゃんでした。


この博士ちゃんが紹介してくれたのは、
数多い郷土玩具の中のわずかではありましたが、楽しい内容でした。


その中で、私にとって本と結びつく玩具が二つあったので
そちらをご紹介したいと思い立ちました。


まず一つ目は「おばけの金田(きんた)」という玩具
story.nakagawa-masashichi.jp

こちらの玩具は、斎藤隆介の『ベロだしちょんま』のモデルとなった玩具ではないでしょうか。

ベロ出しチョンマ (新・名作の愛蔵版)

ベロ出しチョンマ (新・名作の愛蔵版)

斎藤隆介は、国語の教科書に「モチモチの木」という物語が長年取り上げられています。
沢山物語を書いている方ですが、物語の内容が民話のような形なので、多くが民話(昔話)と勘違いされることも多いようですが、創作です。

ということで、『ベロだしちょんま』も斎藤隆介の創作なのですが
出てくる人形のモデルはこちらにありそうな気がします。



もう一つは『笊かぶりの犬張り子』
[rakuten:shirokumahouse:10032399:detail]

こちらは、私の好きな作家「宮部みゆき」さんの時代物に割と出てくる玩具です。

犬張り子が半ば主役の「博打眼」という物語もあります。

ばんば憑き

ばんば憑き

こちらの短編集のなかに登場いたします。


宮部さんの時代物は、主に江戸時代を描いているので
江戸時代に広がった、この犬張り子玩具がよく出てくるのだと思います。


子どものお守りだし、かわいいし。



郷土玩具はかわいいものや面白い様子をしているものが多いですが
様々な願いが込められています。

作り手が高齢で減ってきていること、
手作業で作るため、に値段もそれなりにしてしまいますが
日本固有の伝統芸能や伝統文化と同じに
「郷土玩具」もなくしたくないですね。



参加しました。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 本ブログへ

音楽の趣味は・・・

f:id:school-lib:20210227095401p:plain
昔からよく音楽を聴いていましたが
比較的何でも聴く方だと思います。


本もそうですが、雑食なんですね~。


いいものはいい!


というスタンスで


ハードロックやメタルのバラードばっかり聞いてるとか

エンジェル

エンジェル

Gypsy Life

Gypsy Life

(とかです)

クラッシックのピアノ曲ばっかりとか
ニューエイジばっかりとか
R&Bばっかりとか・・・


その時に好きになった曲や聴きたいジャンルの音楽を
ヘビロテして聴くタイプです。
(飽きるまで聴くタイプ)


ちなみに、
長男がおなかにいる時は、バッハ
長女の時は、ハードロック
次男の時は・・・忘れました
が聴きたくて、よく聴いていました。
(子どもたちの性格には何ら影響はないようです)



最近のJ-POPはあまり聴かないです。
魅力を感じにくいというか・・・


それと、これは自分の性格というか特徴かと思いますが
なにかに集中したいときに日本語が聞こえてくると
その言葉の意味に気を取られて思考できなくなってしまうので
(何を言っているのか考えてしまうので)
日本語の入っている曲をかける(流す)のはアウトです。



世代的に昭和のPOPsは好きでしたが
レコードやCDを購入したのは
山口百恵松田聖子小田和正織田哲郎尾崎豊
くらいでしょうか?
男性は、何故かみなOから始まる人ですね・・・

言葉にできない

言葉にできない

  • 小田 和正
  • J-Pop
  • ¥255
十七歳の地図

十七歳の地図

  • 尾崎 豊
  • J-Pop
  • ¥255




今まだ持っているレコードは、織田さんと百恵ちゃんくらいかな。
あとは、むかし売ってしまった・・・


むかしのグループの人たちは割と好きだったかな。
グループサウンズ系とかフォーク系、ニューミュージック、New‐wave系など。

神様お願い!

神様お願い!

風をあつめて

風をあつめて



普段日常的に聴くのは、聴き流す感じで
最近は、ジャズ(シンガーもブルーノート系も)、ソフトロック、リラックス系、スライ&ファミリーストーン周辺、などをよく聴いています。

Family Affair

Family Affair

  • スライ&ザ・ファミリー・ストーン
  • R&B/ソウル
  • ¥255



思い出したように、持っているむかしのCDなども聞いたりしていますが
スマホで楽に聴けることが多いし、出会いも結構あるので
もっぱらiTunesSpotifyを流していることが多いです。


カセットテープもまだ結構持っているのですが
今、CDやネットでも手に入りにくいアルバムの物とかもあったりして
音は悪いのに捨てられません。


どんどんテープが劣化するので持ってるだけはよくないと思うのですが
今のところ、何にダビングすればいいのか(ダビングできるのか)
わからない感じです。


聴く音楽の比重としては、洋楽の方が圧倒的に多いです(^^♪




参加しました。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村音楽、ミュージック 音楽ブログ・テーマ
音楽、ミュージック